2017/10/18

二八屋@会津若松

当初予定していた市役所駅前そば・うどんでのお昼ごはんがヨシになってしまったので会津さんぽ開始。市役所の駐輪場に止めさせてもらってペタペタ会津の街を散策。
アレだな。
詳しいことは知らんけど、歴史の街の雰囲気があるな。
白虎隊とか薩摩とかちゃんとしたことは知らんけど、ソレよりも最近なレトロ建物が結構残っとる。
残っとるだけじゃなくて、ちゃんと営業しとるのがステキだよね。(後ろ側は新し目だけどさ)

コチラはレトロ感を装ったパチンコ店。

靴屋じゃなくて履物屋。
街を散策する観光客と思われる人の年齢層も高め。何処で貰ったのか市街巡りのパンフなんか持って夫婦で歩いとるのが多いね。

・・・あっ、お昼ごはんだったな。何処にしようか?
先ずはここキープ物件だな。
そうそう、会津は「◯◯食堂」って名前のお店が多いよね。
喜多方ラーメンを提供する「牛乳屋食堂」とか「まこと食堂」とかね。
あー、来た!ツーンって下から突き上げてくるヤツ!
どっか、ウンコさせてくれる処ないかしら・・・。
オートバイ用のゴリゴリの格好してるから気ぃ遣うのよ。
メインストリートに戻って無事うんこ処発見。アンド、Go!
(編集部 注:「魚房にいさん」はうんこ処ではありません。)
やっぱり旅って楽しいね。

我慢していたウンコを捻り出したら本来の自分に戻ったのかな・・・。

あかん!見えちゃった。観光パンフレットを持った夫婦には絶対に見えない建物が見えちゃった。
焦げとるよ。二回くらい出火したか?
ゆっくり近づいてみよう。
そばの二八かと思ったらラーメンなんか!
夏も冬も冷やし中華推しか。会津の冬は寒いだろうにねぇ。
・・・んでやっぱり◯◯食堂系だったのね。

 「こんちわー!あれっ、やってます?」
 「あー、やってますよー!」
店内真っ暗。
赤信号の時はアイドリングストップする最新の車みたいなシステムを店舗営業に採用しているステキ・システムだ。
店内の照明を付ける前までは店主がココで薪割ってた。もうすぐ冬だからね。
さてと・・・。
丸文字でメニュー書いてきたか。誰が書いたんや?

 「ラーメンお願いします。」
10月なのに暑いねぇ。
注文した後にメニューを良く見たら「ひやしちゅうか」なんちゅうか、温め中か勉強中か・・・。「夏も冬も・・・」って推してるくらいだからひやしちゅうかにしたら良かったかも。
10月の福島県とは思えないほど暑いのに、店内 場内では薪ストーブが点いとる。
鍋やヤカンでお湯沸かしとるね。
・・・おっ、薪ストーブ上の鍋のお湯にどんぶり浸したよ。
提供前にどんぶりをちゃんと温めるなんて、仕事が丁寧だね。そしてエコだね。
もうすぐ出来上がりですよってサインだよね。
そして足を組み替えるのはO.Kのサイン。

カウンターの上に温めたどんぶりがポーイって置いてある。






来んね。





どんぶり温めてから5分位経ってるけど、全然 来んね。
あっ、やっと麺揚げ。スープ入れて麺入れてトッピンして、どんぶりをカウンターに置いて・・・。
厨房から店主がコチラ側に出てきてレンゲ掴んで、薪ストーブの鍋に浸す。

洗っとったんか!

ラーメン 600円。
チャーシュー、メンマ、刻み海苔に薄焼き卵。

 「サッパリするで良かったら食べてね。」

二八屋
営業 営業中なら入れ!
福島県会津若松市中町2-27

2 件のコメント:

  1. 丸文字w

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん。こんばんは。
      手書きメニューってのはイイですよね。
      待ち時間に店内のメニューをゆったりと眺めるのは至福の時ですね。

      削除